【朝顔日誌】2020.11.25種を蒔いてから142日目 |倉嶋桃子|85.4MHz TOKYO854|79.1MHz KOCOラジ

Blooming Days - 日々是好日 -

【朝顔日誌】2020.11.25種を蒔いてから142日目

種を蒔いてから、142日目。

関東地方はここしばらくは、晴れて暖かい日が続いていました。

そのせいもあるのか、前回うっすらと茶色くなり始めていた「丸咲」さんの種が、ほとんど茶色い乾いた状態になったものがあったので、種を取り寄せた際についてきた説明書の通り、はさみで種のガクごと採取し、封筒に入れて完全に乾くまで常温で保管しています。

他にも、前回緑色だった種がさらに茶色に変化してきているものもあるので、これもまた茶色に乾いてきたら、採取して次の乾燥段階へ工程を進めようと思っています。

「絞丸咲」さんの種は、現在一番大きかったものが引き続き成長を続けているように見えます。

外からも見てもわかるほど膨らんでいるので、もう少し茶色く乾燥するのを見守っています。

そして、すっかり枯れている様子の「銀ねず」さんですが、こちらは、今後もこの状態であると判断し、観察は今回で終了にしたいと考えています。

ここまで観察してきた感想としては、お見本についてきた写真ような花の形状や色味からは、少し違ったものが咲いたように思うので、次回は同じ種類のもので、理想とされる種まきの時期に蒔けるよう、準備したいと思います。

最後に、オカワカメさん。

緑色が薄くなって、葉の厚みも少し薄くなった状態でなんとか生育していますので、このままさらに冬越えする様子を観察していきます。

次のステップとしては、現在採取して乾燥中の「丸咲」さんの種が、完全に乾燥した状態になったら、周りのガクを外し、中身を取り出す工程へ移ります。

いよいよ、中身が取り出すことができましたら、一旦アサガオさんの観察日記2020年度版は終了とし、来年種まきの時期まではお休みをする予定です。

さて、次回はどの状態になっているか、楽しみです。

朝顔を育てるきっかけとなった放送はこちらからお聴きいただけます


2020年11月23日の番組の内容は、こちらから