Blooming Days+,Feb’08 | 倉嶋桃子|79.1MHz KOCOラジ

Blooming Days - 日々是好日 -

Blooming Days+,Feb’08

  • PODCAST

    ※アプリをインストールしてお聞きください。Spotify Freeはずっと無料のプランです。 期間限定でもなければ、登録にクレジットカードも必要ありません。 放送後記は、放送終了後に公開します
  • facebook

  • Twitter

こんにちは。ディレクターの小出です。
今日2/8は、「ロカビリーの日」だそうですね。
ロカビリーブームの火つけ役となった日劇ウエスタンカーニバルが開催されたことに由来しているそうです。

日劇ウエスタンカーニバルというのは、1958年2月から1977年8月まで、日本劇場で開催されていた音楽フェスティバルのこと。
日本劇場を運営する東宝が1958年2月8日から第1回を開催したもので、観客動員数は初日だけで9,500人、1週間で45,000人を記録し、この数字は、ドーム球場や日本武道館といった大規模なコンサート会場が存在しない1950年代当時としては、異例の記録だったそうです。

Blooming Days+,Feb’08

ロカビリーというと、1950年代初期に誕生した音楽と言われていますが、その起源は、その30年前の1920年代の初期に生まれたカントリー・ミュージックに遡ります。

当初は、「アパラチアン・ミュージック」、「マウンテン・ミュージック」、「ヒルビリー」(英語で言う「田舎者」)、「カントリー&ウエスタン」などと呼ばれましたが、1940年代「カントリー・ミュージック」という言葉で定着しました。

1930年代後半になるとアメリカでは全国的なブギー・ブームが巻き起こり、このブギーのベースラインに「ヒルビリー(カントリー・ミュージック)」スタイルのボーカルと楽器編成で録音するようになった「ヒルビリーブギー」」に、第二次世界大戦後、マドックスブラザーズ・アンド・ローズのフレッド・マドックスが編み出したスラップド・ベースによる音楽が、現在知られているロカビリーミュージックの始まりのようです。

ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツ、エルヴィス・プレスリー、カール・パーキンス エディ・コクラン、ジェリー・リー・ルイス、ジーン・ヴィンセント、バディ・ホリーらによって1950年代後半に普及しましたが、60年代半ばから70年代前半には衰退。しかし、その後、1970年代後半から1980年代初頭にかけて、ストレイ・キャッツやロバート・ゴードン、シェイキン・スティーヴンス、ブラスターズらを中心とにしたネオロカビリーとして復活しました。

そういえば、高校生の頃、バンドを組んでのはじめてのライブで、対バン相手が、当時すでに大人だったGAPSというロカビリーバンドで、容姿からなにから、とにかくおっかない人たちだった事を思い出しました。
(ロカビリーって、曲の途中で、ベースの人が「ギャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」ってシャウトするんですけど、それが怖かった。。)
みなさん、お元気にされているのでしょうか。

さて、今日のテーマですが、私の人生の中で、食べた頻度でいうと、おそらく一番多かったんじゃなかろうかという「マルシンハンバーグ」をテーマにお送りしました。

Blooming Days+,Feb’08

参考資料
マルシンハンバーグ – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/

マルシンハンバーグ ニッポン・ロングセラー考 – COMZINE by nttコムウェア
https://www.nttcom.co.jp/

チキンハンバーグの歴史 – チキンハンバーグ発売50周年|石井食品株式会社
https://ch50th.ishiifood.co.jp/

超絶再現!復活の某自販機ハンバーガー by クルクル☆カッピー 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが364万品
https://cookpad.com/

番組では、放送内容他、ポッドキャストのみ聴くことができる放送内容の予告、放送を振返る放送後記、そして、毎週月曜日に放送しているTOKYO854の放送内容など、ポッドキャストでお聴きいただけます。

皆さんのお好きな時間に、お好きな楽しみ方を、ぜひお試しいただければと思います。

Podcast

Play List

放送をお聞きいただいた皆様、メッセージをいただきました皆様、本日もありがとうございました。

番組では、特設サイトのメッセージボード、または、KOCOラジの メッセージフォームにて、皆様からのメッセージ、ご感想をお待ちしております。

次回も、「Blooming Days PLUS-日々是好日-」で、皆様とお耳にかかれることを楽しみにしております。

Blooming Days+,Feb’08