Blooming Days,Jan’17 | 倉嶋桃子|TOKYO854

Blooming Days - 日々是好日 -

Blooming Days,Jan’17

  • PODCAST

    ※アプリをインストールしてお聞きください。Spotify Freeはずっと無料のプランです。 期間限定でもなければ、登録にクレジットカードも必要ありません。 放送後記は、放送終了後に公開します
  • facebook

  • Twitter

みなさん、こんにちは。
ディレクターの小出です。

Blooming Days,Jan’17

暦を調べてみると、1/16というのは「藪入り」の日なんですね。
「藪入り」という言葉、聞いたことはあるんですが、意味はよくわからず。

小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)によると、奉公人が休暇をもらって家に帰り、または1日を遊び暮らす日。宿下がりの日。とあります。

江戸時代に広まった風習ということのようですが、かつて、奉公先で住み込みで働いていた奉公人や、嫁いだお嫁さんは、決まった休みの日があるわけでもなく、なかなか家や実家に帰れない時代、奉公人やお嫁さんが大手を振って実家に帰ることができる日が、この「藪入り」の日でした。

年末から小正月まで、年始の準備や来客で忙しかった奉公人やお嫁さんは、小正月が終わると奉公先や嫁ぎ先からもらったお小遣いや着物、お土産などを持って、嬉々として実家に帰っていたのだそうです。

藪入りの語義については、藪深い故郷に帰るのだとか、藪林(そうりん)は寺のことだとかの説もあるようですが、もとは先祖を祭り物忌みをする日であったのが、奉公人の休日と結び付いて、多くの地方では奉公人に限らず、嫁(よめ)・婿(むこ)が里帰りをする日としていました。

奉公人は主人から新しい着物をつくってもらい、小遣い銭も与えられ、閻魔(えんま)様の縁日がこの日で、地獄の釜(かま)の蓋(ふた)もあくというので、閻魔堂に参ったり芝居小屋をのぞいたりして遊んだようです。

Blooming Days,Jan’17

「地獄の釜(かま)の蓋(ふた)もあく」というのは、この日、1月16日のご縁日は初閻魔と呼ばれ、獄卒は仕事を休み、亡者も骨休みができる日とされていることから言われた言葉です。

明治以後も藪入りのにぎわいは続き、下町では近年まで引き継がれていましたが、丁稚(でっち)や女中、また徒弟制度が消滅し、休日が増え日曜休日が定着するにつれ、特別な人出の機会ではなくなったようです。

Blooming Days,Jan’17

オフィスの近所には、閻魔様をご本尊とする一乗院閻魔堂があります。

もともとは閻魔堂ではなく阿弥陀堂であったとも言われていますが、これも何かの縁、自転車に乗って行ってみようと思っています。

さて、今日は、この日1/17が、海洋探検家ジェームズ・クックがヨーロッパ人として初めて南極圏に到達したり、イギリスのロバート・スコットらが南極点に到達したりと、南極にちなんだ話題が多い日ということで、「南極」をテーマにお送りいたしました。

Blooming Days,Jan’17

参考資料

南極 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/

南極とは? | 南極を切り撮る 十勝毎日新聞電子版PRESENTS
https://kachimai.jp/

南極大陸 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/

南極地域観測隊 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/

ペンギン – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/

北極にペンギンはいない!南極だけに住む理由とは?
https://ecotopia.earth/

タロとジロ – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/

三毛猫 – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/

南極へ行った猫 たけし -国立極地研究所 アーカイブ室
http://polaris.nipr.ac.jp/

番組では、放送内容他、ポッドキャストのみ聴くことができる放送内容の予告、放送を振返る放送後記、そして、毎週月曜日に放送しているTOKYO854の放送内容など、ポッドキャストでお聴きいただけます。

皆さんのお好きな時間に、お好きな楽しみ方を、ぜひお試しいただければと思います。

Podcast

番組の中でトークの合間に挿入された楽曲は、プレミアムプランのユーザーであればフル再生、無料プランのユーザーは30秒まで聴くことが可能です。また、スマートフォンもしくはデスクトップアプリからの再生が可能ですが、ブラウザでの再生はできません。

Playlist

メッセージをお寄せいただいた皆さん、ラジオをお聴き頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

また、番組では皆様からのメッセージをお待ちしております。「試してみたよ」「作ってみたよ」といった番組で取り上げた内容のご感想、みなさんが感じる幸せのひとときなど、ぜひお聞かせくださいませ。

なお、番組の構成上、時間の都合でリクエスト曲にはお応えできない可能性がございます。ご容赦くださいませ。

それでは、また来週、月曜日15:00にお耳にかかりましょう。

Super Music Wide