Blooming Days+,Nov’30 | 倉嶋桃子|79.1MHz KOCOラジ

Blooming Days - 日々是好日 -

Blooming Days+,Nov’30

  • PODCAST

    ※アプリをインストールしてお聞きください。Spotify Freeはずっと無料のプランです。 期間限定でもなければ、登録にクレジットカードも必要ありません。 放送後記
  • facebook

  • Twitter

みなさん、こんにちは。倉嶋桃子です。

今回は、11/30が水木しげるさんの命日ということで、「妖怪」をテーマにお送り致します。

オープニングでは、「ゲゲゲの鬼太郎」のお話から始まりました。

「ゲゲゲの鬼太郎」のお話は、墓場から生まれた幽霊族の少年・鬼太郎が多種多様な妖怪たちと繰り広げる物語。
1954年の紙芝居から始まり、漫画、アニメ、映画、小説、ドラマ、ゲーム、舞台など、半世紀以上に亘って様々な関連作品が作られ続けています。

漫画作品は、貸本を経て1965年から数多くのシリーズが描かれ、幼年誌から青年誌まで幅広く掲載されました。
当初のタイトルは『墓場の鬼太郎』でりましたが、アニメ化に伴い改題。
怪奇色の強かった内容も鬼太郎と妖怪の対決路線へと徐々に変化し、鬼太郎は正義のヒーロー然としての側面が強くなっていきました。

なお、「ゲゲゲ」の由来は、水木が幼い頃に自分の名前を「しげる」と言えずに「ゲゲル」「ゲゲ」と言っていたことから着想したものと言われています。

他、倉嶋とディレクター小出のお話は、ポッドキャストをお聴きください。

参考資料

ゲゲゲの鬼太郎 – Wikipedia
https://blooming-days.njs.xyz/4fc1

鬼太郎 – Wikipedia
https://blooming-days.njs.xyz/270a

目玉おやじ – Wikipedia
https://blooming-days.njs.xyz/2ni5

ねずみ男 – Wikipedia
https://blooming-days.njs.xyz/i13u

妖怪ってなに?幽霊との違い

オープニングでは、水木しげるさんと言えばお馴染みの「ゲゲゲの鬼太郎」についてお話いたしましたが、このお話の中に出てくるのは、昼間も活動しているので、幽霊ではなく妖怪なのでは?と思っていますが、そもそも、妖怪の定義や、オバケとの違いとは一体どういうことなのでしょうか?

一般的には、幽霊は、亡くなってからも成仏できずにこの世に未練のある者が、自分に縁のあった場所や人の前に姿を現すものであるのに対し、「妖怪」は不思議な力を持ち、非日常的な存在、理解しにくい存在、「お化け」とは、いわゆる何かが化けたもの、たとえばキツネやタヌキが人間に姿を変えて現れたりするもののことを「お化け」と呼んでいます。

また、ブリタニカ国際大百科事典には、妖怪の項目にはこのように書いてあります。

ブリタニカ国際大百科事典より

化け物、変化(へんげ)とも呼ばれ、普通には人知の及ばない、畏怖感をそそるような現象、または異様な物体をいう。
民俗学では、これを「信仰が衰えて零落(れいらく)した神の姿」とみている。
妖怪の特徴は、たとえば憑依霊(ひょういれい)のように特定の人を選んで出現するようなことがなく、出現の場所、時間が一定しているところにあり、その出現の場所によって次のように分類される。

(1) 山の怪 あまのじゃく、天狗、山姥(やまんば)などがあり、山の神信仰のくずれたかたちととらえられる。
(2) 路傍の怪 一つ目小僧、雪女など。
(3) 家屋敷の怪 座敷わらし、倉坊主など、屋敷神の衰退したものが多い。
(4) 海の怪 海坊主、船幽霊など。
(5) 川の怪 代表的なものは河童で、水神信仰のくずれたかたちと思われる。
(6) 村内をめぐる怪 首切り馬、ミカリ婆など。
(7) その他、行き会い神、疫病神など神と妖怪の境にあり、妖怪化しつつあるとされるもの。

ところで、妖怪とはいっても、必ずしも人に害を与えるものだけではないのではないでしょうか?

例えば、座敷童。
主に岩手県に伝わる妖怪で、座敷または蔵に住む神と言われ、家人に悪戯を働いたりするものの、その姿を見た者には幸運が訪れたり、家に富をもたらすなどの伝承があります。

他、倉嶋とディレクター小出のお話は、ポッドキャストをお聴きください。

参考資料

妖怪とは – コトバンク
https://blooming-days.njs.xyz/85og

座敷童子 – Wikipedia
https://blooming-days.njs.xyz/a3v6

最近話題となったアマビエも妖怪?!

妖怪と言っても悪いもの怖いものばかりではなく、「私たち人間にとって良い行いをしてくれるものもいるんですよ」ということで、座敷わらしのお話をしましたが、ここ最近、色々なところで目にするアマビエも妖怪と言われています。

このアマビエ、江戸時代後期に製作されたとみられる瓦版に類する刷り物に、絵と文とが記されているのですが、これによると、現在の熊本県である肥後国で、夜ごとに海に光り物が起こったため、土地の役人がおもむいたところ、アマビエと名乗るものが出現し、役人に対して「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作がつづく。しかし同時に疫病が流行するから、私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行ったとされています。

少し前から、このアマビエについて世間で多く取り上げられることになったのには、「妖怪掛け軸専門店『大蛇堂(おろちどう)』」
というお店に関係があります。
こちらのお店の方が、「疫病退散にご利益があるというアマビエの力を借りよう」「コロナウイルス対策としてアマビエのイラストをみんなで描こう」との発想から、アマビエ解説と共にイラストレーション作品をTwitterに投稿したところ、この考えに賛同した多くのTwitter利用者がアマビエを自己流にアレンジした作品(イラスト、漫画、動画、ぬいぐるみ、あみぐるみ、刺繍、フィギュア、スタンプ、こいのぼり、その他小物など)を次々に投稿するという動きが起こり、それに注目したテレビ局がニュースやワイドショーなどで取り上げることとなり、全国的に広まりました。

アマビエが出てきたのが1846年ということで、これまた江戸時代の頃のお話です。
江戸時代には、浮世絵やら妖怪の図鑑など、色々な妖怪関連の書物が残っており、ただでさえ娯楽の少なかった時代にこれだけのものが残っているというのは、大人から子供まで、たくさんの人が妖怪に興味や関心をもっていたということでしょう。

他、倉嶋とディレクター小出のお話は、ポッドキャストをお聴きください。

参考資料

アマビエ – Wikipedia
https://blooming-days.njs.xyz/7nr0

アマビコ – Wikipedia
https://blooming-days.njs.xyz/li69

現代に息づく江戸の妖怪文化│53号 ぼくらには妖怪が必要だ:機関誌『水の文化』│ミツカン 水の文化センター
https://www.mizu.gr.jp/kikanshi/no53/04.html

変わった妖怪

限られた時間の中で、取り上げる妖怪の種類は限られてしまいますが、ウキペディアの「日本の妖怪一覧」という資料を見ていると変わった妖怪、想像できない妖怪の名前、何のために存在しているのかよくわからないような妖怪などいるようです。

他、倉嶋とディレクター小出のお話は、ポッドキャストをお聴きください。

参考資料

日本の妖怪一覧 – Wikipedia
https://blooming-days.njs.xyz/ainq

豆腐小僧 – Wikipedia
https://blooming-days.njs.xyz/hyda

池袋の女 – Wikipedia
https://blooming-days.njs.xyz/88bh

さて、今回は、この日が水木しげるさんの命日ということで、「妖怪」をテーマにお送りいたしました。

番組では、放送内容他、ポッドキャストのみ聴くことができる放送内容の予告、放送を振返る放送後記、そして、毎週月曜日に放送しているTOKYO854の放送内容など、ポッドキャストでお聴きいただけます。

皆さんのお好きな時間に、お好きな楽しみ方を、ぜひお試しいただければと思います。

Podcast

見るラジオ

今回は、秋の京都、祇園〜知恩院〜平安神宮〜銀閣寺〜哲学の道〜南禅寺〜祇園四条をサイクリングしながらラジオを聴く、そんな気分になれるような動画を作ってみました。

今回使用している動画は、下記のものを使用させていただいています。

動画について

【4K】秋の京都サイクリングツアー【祇園〜知恩院〜平安神宮〜銀閣寺〜哲学の道〜南禅寺〜祇園四条】ASMR Kyoto Japan Cycling Tour 2021年11月
https://www.youtube.com/

動画内で使用している楽曲は、次世代を担うミュージシャンたちのものです。気になる曲があったらリンク先サイトを覗いてみて下さい。

動画内音楽について

01
Throw Me Away
by Claire Kelly
https://artlist.io/

02
Echoes of the Past
by Max Hixon
https://artlist.io/

03
Best of Luck
by Katrina Stone
https://artlist.io/

04
Feelin’ You (feat. Flower Kim)
by Shu
https://artlist.io/

放送をお聞きいただいた皆様、メッセージをいただきました皆様、本日もありがとうございました。

番組では、特設サイトのメッセージボード、または、KOCOラジの メッセージフォームにて、皆様からのメッセージ、ご感想をお待ちしております。

次回も、「Blooming Days PLUS-日々是好日-」で、皆様とお耳にかかれることを楽しみにしております。