Blooming Days+,Sep’14 | 倉嶋桃子|79.1MHz KOCOラジ

Blooming Days - 日々是好日 -

Blooming Days+,Sep’14

  • PODCAST

    ※アプリをインストールしてお聞きください。Spotify Freeはずっと無料のプランです。 期間限定でもなければ、登録にクレジットカードも必要ありません。 放送後記
  • facebook

  • Twitter

みなさん、こんにちは。倉嶋桃子です。

1週間くらい前から、事務所のトイレの片隅に、一匹の小さいクモが巣を作って暮らしています。

ショウジョウバエくらいのサイズなので、種類が何であるのかわからず、餌である虫などが来る様子がない場所に、なぜ暮らし続けているのかと不思議に思いながら観察しているところです。

クモが家の中に巣を作る時には、雨が降る前だと父はよく話していましたが、クモがいることに気がついた時期がまさに雨が続く前くらいの時期だったので、雨の予報を察知して建物の中に入ってきたのかしら…と思いました。

クモが人間の生活範囲の近くに巣を張る場合は、壊されない為に目立たない隅の方で、しかもできるだけ高く、暗い場所に作る特徴があると言われていますが、事務所のトイレにいるクモが作った位置は、トイレの入口足元付近の壁で、普段は暗い場所であること以外に、どれも当てはまる要素はありません。

ただ、人があまりいない森や林など自然界の中では、巣を守るという意識が少ない為、低い位置に巣を張る傾向があるということなので、事務所のトイレに暮らしているクモは、限りなく自然界に近い環境だと思って暮らしているということなのかしら?とますます謎です。

クモがいるなぁと思っているとあっという間に巣を作り、出来上がったものは比較的丈夫で何もしなければ、しばらくの間同じところに張り続けられているように思いますが、このクモの巣の材料、クモの糸は、タンパク質で出来ています。

世界に約4万種、日本には約1500種のクモがいると言われていますが、その内巣を作り暮らしているクモは約6割、巣を作らないクモは4割と言われています。

クモのほか、糸を出すような昆虫には、「出糸腺(しゅっしせん)」または「紡績腺(ぼうせきせん)」と呼ばれる糸を作るための特別な器官をもっていて、分泌物は体外へ出て空気にふれると固まり、糸になります。

多くのクモが、2種類以上の「出糸腺」を持っており、強さと伸縮性、粘着力があるものやないものなど、用途に合わせて異なる糸を使い分けています。

このクモの糸の強度と伸縮性は、クモの体の中で糸が作られるときに、タンパク質がどのように配置されるのかによって決まり、この糸の特性を鋼鉄とゴムを掛け合わせたようだと表現されることもあります。

2018年10月22日付けの米国科学アカデミー発行の機関誌『PNAS』(米国科学アカデミー紀要)に、「クロゴケグモ」のシルクタンパク質分泌腺の内部を直接観察し、液体から糸への変換初期のタンパク質構造を明らかにしたという研究結果が掲載されています。

クモの糸の中でも、「クロゴケグモ」の糸は、鋼鉄に匹敵する優れた粘り強さと引っ張られる力が強いことで知られていて、また、合成繊維と比べて非常に軽く、無機物まで分解されることから、長年その特性を再現するために、クモの糸を形成するシルクタンパク質のアミノ酸の配列について研究されていました。
その結果、タンパク質の構造までは解明できたものの、タンパク質がマイクロスケールの繊維になる過程で、シルクタンパク質分泌腺や出糸管の中でナノスケールで起こっている貯蔵、形質転換、輸送プロセスが解明されておらず、クモの糸の強度と特性を持った合成材料を作ることはできていないとのこと。

将来的に、このクモの糸と同じような特性を持った人口繊維が大量に生産できるようになれば、プラスチックの代わりとなる素材として、幅広い分野で利用できると期待されているようです。

事務所のトイレの片隅に暮らしているクモ、フワフワとごく細い糸で作られた巣を張ったままいつまで餌となる虫を待っていられるのか、今後も観察していこうと思います。

参考資料

クモの巣は何でできていて、それはどれくらい強いの? | ヨシヤラボ
https://blooming-days.njs.xyz/5r3l

出糸腺とは – コトバンク
https://blooming-days.njs.xyz/xbnp

24-25-自然観察.indd
https://blooming-days.njs.xyz/8rkn

鋼のように強いクモの糸の秘密を解明――高強度人工繊維の開発も – fabcross for エンジニア
https://blooming-days.njs.xyz/i5i1

なぜ家にクモの巣が張るのか?原因と対策を徹底解説! 【知恵袋のような質問・口コミ・評判投稿サイト≪外壁塗装の知恵ノート≫】
https://www.gaiheki-chienote.com/20769/

生分解 – Wikipedia
https://blooming-days.njs.xyz/6r7j

さて、本日の放送内容です。

色々説はありますが、ねずみ小僧は本当はお金を配っていたのではないか?

昨日9/13が、江戸の大泥棒、鼠小僧次郎吉が獄門に処せられた日ということで、昨日のTOKYO854に引き続き鼠小僧次郎吉をテーマにお送り致します。

昨日の放送では、「ねずみ小僧は盗んだお金を庶民に配っていた」という話をよく聞くけれども、それは単なる噂話で、実際には、「盗んだお金は博打や飲酒、遊郭通いに使っていた」というお話をしました。

これは、ねずみ小僧が捕まった際の取り調べ調書が残っており、この自白調書には

「盗んだ金3,321両2分、9貫260文、銀4匁(もんめ)3分、銭700文は衣食住の贅沢につかい、その他は酒色遊興(しゅしょくゆうきょう)、または博奕(ばくえき)のもとに使い、際立って貧民にほどこした形跡はない」

と書かれていたことで、そのように言われているようです。

では、どうして「盗んだお金を貧しい人に配っていた」という噂が広まったかと言うと、当時、江戸の町には匿名で施しをする何者かがいたそうで、それがねずみ小僧だったのではないかということで、そう言われているようです。

例えば、

「大町二丁目の九左衛門と同町一丁目の来助はかねてから困窮者だったが、二十一日の夜八時頃、覆面をした男がまず九左衛門の家の前に米一俵を置去り、さらに同夜十時頃、来助の家の前にも同様に米一俵を差置いた。居合わせた者が名前を尋ねたが答えずにすぐ立ち去ってしまった。同町の手代(てだい)共から申出があったので書付を以て御届けする次第である。」

というような奉行所への届けが出ていまして、ひょっとしてそれがねずみ小僧なのでは?ということのようです。

他、倉嶋とディレクター小出のお話は、ポッドキャストをお聴きください。

倉田吉右衛門のお話

色々と調べてみると、実際に盗んだお金を貧しい人たちに配っていたという泥棒もいたようです。

これは、江戸時代後期の肥前国平戸藩第9代藩主の松浦清(まつら きよし)により書かれた随筆集「甲子夜話(かっしやわ)」に書かれているのですが、名前が倉田吉右衛門という方で、いくつかの逸話が残っています。

例えば、

文政5年(1822年)9月7日に、旗本矢島減七郎の屋敷に何者かが忍び込み、金子と証文、書類などが入った引き出しが箱ごと盗まれたそうなんですが、被害届によれば、盗まれたものは、金37両と、借金の証文が金20両1枚と15両4枚、10両の証文1枚、そして帳面と書類だったとのことなんですが、4日後の11日午後8時に、隣家の境に、丸い包みが投げ込まれまして、中には、7日に盗まれた証文と帳面などの書類と手紙が入っていたそうです。

差出人「倉田吉右衛門拝」と書かれた手紙には次のように書かれていたそうです。

「貴殿の暮らし向きが富裕であると思い金子を借用(盗み)に参りましたが、忍び込んでみると、以外にもさほど豊かでないご様子。大変申しわけないことをしました」
「しかしながら、私は自分のために忍び入ったのではありません。もはや生きていられないほど苦しんでいる人を見殺しにできず、さりとて私も困窮の身、やむなくお宅の金子は借用した(盗んだ)次第です」
「近日中にきっと返済いたしますので、それまで少しの間お待ちください」

そして、「追伸」では、「私は、裕福な人の物を奪い貧しい人を救うことを何年も続けていますが、借りた(盗んだ)お金は遅かれはやかれ必ず返してきました。そのせいか、もう年齢も50代ですが、寿命も尽きず、つつがなく過ごしています」と自分の義賊としての経歴や年齢まで述べています。

当時、その手紙は、矢島の親族や知人・友人などを通じて江戸中に広まり、義賊・倉田吉右衛門は人々の注目を浴びましたが、その後、彼がどうなったのかは定かではないそうです。

他、倉嶋とディレクター小出のお話は、ポッドキャストをお聴きください。

大阪の仁盗ブームと義賊の関係とは

「ねずみ小僧は盗んだお金を庶民に配っていた」という話をよく聞くけれども、それは単なる噂話で、実際には、盗んだお金は博打や飲酒、遊郭通いに使っていたというのが、最近のねずみ小僧研究家の間では言われているけれども、本当は違うんじゃないの?というお話を先に致しました。

そこで、色々と調べてみると、ねずみ小僧が義賊として持て囃された背景には、大阪の「仁盗ブーム」というのが関係あったのではないかと言われています。

この「仁盗」というのは、弱きを助け強きを挫く、まさに義賊と呼ばれるような泥棒のことのようなのですが、先程も出てきた肥前国平戸藩第9代藩主の松浦清の随筆集「甲子夜話」には、このように書いてあります。

大阪にあった奉公人も多くいた質屋さん、実はここの主は泥棒だったんですが、貧しい人には質草(しちぐさ)も取らず無利子で貸していたんだそうです。
結局捕まってしまうんですが、捕まる直前には、債権債務の証文類をすべて焼き捨て、自分が捕まったあとに貧乏人が借金の取り立てにあわないようにしたそうです。
そんな人物だったので、多くの人から助命嘆願がなされたんですが、残念ながら処刑されまして、多くの人々が供養に訪れたそうです。
この話は、さっそく江戸市村座で歌舞伎「花雲曙曾我」(ハナノクモ アケボノ ソガ)というお芝居になったということで、こういった心優しき泥棒のお話は、ねずみ小僧が登場する前からあったようです。

他、倉嶋とディレクター小出のお話は、ポッドキャストをお聴きください。

参考資料

鼠賊白状記
https://blooming-days.njs.xyz/o999

CiNii Books 著者 – 松浦, 静山
https://blooming-days.njs.xyz/ker1

甲子夜話 – Wikipedia
https://blooming-days.njs.xyz/mae8

文鳳堂雑纂
https://blooming-days.njs.xyz/muzx

さて、今回は、9/13のTOKYO854のお話に引続き、「鼠小僧次郎吉にまつわるお話」をお送り致しました。

番組では、放送内容他、ポッドキャストのみ聴くことができる放送内容の予告、放送を振返る放送後記、そして、毎週月曜日に放送しているTOKYO854の放送内容など、ポッドキャストでお聴きいただけます。

皆さんのお好きな時間に、お好きな楽しみ方を、ぜひお試しいただければと思います。

見るラジオ

今回は、上野アメ横から浅草までお散歩しながらラジオを聴く、そんな気分になれるような動画を作ってみました。

使用している動画は、下記のものを使用させていただいています。

動画について

■秋葉原~浅草橋ウォーキング 上野アメ横経由 |步行東京【4K】
Walk is Life – JAPAN
https://www.youtube.com/watch?v=Fxt52rJPT50

動画内で使用している楽曲は、次世代を担うミュージシャンたちのものです。気になる曲があったらリンク先サイトを覗いてみて下さい。

動画内音楽について

Are You Ready for Me Baby by Funky Giraffe
https://artlist.io/song/61668/candy

Your Captain by Banana Split
https://artlist.io/song/12814/your-captain

Hit the Ground Running by Ryan Prewett
https://artlist.io/song/4355/hit-the-ground-running

For the One by Eldar Kedem
https://artlist.io/song/3547/for-the-one

Podcast

放送をお聞きいただいた皆様、メッセージをいただきました皆様、本日もありがとうございました。

番組では、特設サイトのメッセージボード、または、KOCOラジの メッセージフォームにて、皆様からのメッセージ、ご感想をお待ちしております。

次回も、「Blooming Days PLUS-日々是好日-」で、皆様とお耳にかかれることを楽しみにしております。