Blooming Days+,Aug’03 | 倉嶋桃子|79.1MHz KOCOラジ

Blooming Days - 日々是好日 -

Blooming Days+,Aug’03

  • PODCAST

    ※アプリをインストールしてお聞きください。Spotify Freeはずっと無料のプランです。 期間限定でもなければ、登録にクレジットカードも必要ありません。 放送後記
  • facebook

  • Twitter

こんばんは。ディレクターの小出です。

私がまだ子供だった頃、日曜の夜になると親の気まぐれで近所のパン屋さん兼お菓子屋さんによくアイスを買いに行かされました。

当時、多くの子供達は、アイスと言えば、もっぱら合成着色料たっぷりの液体を固めた10円もしくは20円くらいで買えた「チューチューアイス」や、銀紙にくるまれた「ホームランバー」を食べるのが関の山で、カップに入れられた高級品のアイスなど食べられるはずもなく、親の気まぐれで買いに行かされるこういった機会がなければカップに入ったアイスなどはなかなか食べられなかったものです。

Blooming Days+,Aug’03

親のお金で買いに行く時には、当時アイスの王様と言われた「宝石箱」や「パナップ」を買うことが多く、買ってきたアイスは大事に大事にゆっくりと味わうように食べたことを今でも思い出します。

ちなみに、その頃のアイスの最高峰は「レディボーデン」で、「いつかお金持ちになったら思う存分食べるんだ。。」と固く誓ったものです。

Blooming Days+,Aug’03

あれから、数年後、アルバイトを始めて自由に使えるお金が増えた頃、子供の頃夢だったレディボーデンを一人で存分に食べてみましたが、意外なことに「あ、こんなもんか」とあっけない感じでした。

憧れというものは時と共に増幅されてしまうものなのだなとつくづく思ったものでした。

さて、本日の放送内容です。

子どもたちの社交場「駄菓子屋」の不思議-その1-

昨日8/2がベビースターラーメンの日ということで、「子どもたちの社交場『駄菓子屋』の不思議」をテーマにお送りいたします。

ベビースターラーメンと言いますと、大人も子どもも、おそらく大概の方は食べたことがあるとは思うんですが、おおまかなベビースターラーメンの歴史を振り返ってみます。

ベビースターラーメンの歴史について

・1955年
おやつカンパニーの前身である松田産業有限会社が、世界初のインスタントラーメン「味付中華めん」を発売しましたが、営業的にはうまくいかなかったとのこと。

・1959年
即席めんを天日干しで製造しているときに、麺のかけらがこぼれ落ちるのを見た創業者(故・松田由雄氏)は「もったいない」と思い、従業員におやつとして配ったところ評判となり、商品化。初代作「ベビーラーメン」を発売。
価格は10円。
お湯を入れて食べておいしい麺と、そのまま食べておいしい麺とは別物だということで、最適な味や食感を実現するため、材料の配合、麺の太さ・長さ、味のつけ方などに試行錯誤を繰り返して商品が完成し、発売するに至りました。
ちなみに、「ベビーラーメン」の名前の由来は、“こども向けの小さいかけらのラーメン”ということでつけられたそうです。

・1973年
子ども向けスナック菓子で一番(スター)になりたいという想いを込め「ベビースターラーメン」に名称を変更します。

・1973年
価格を20円に変更

・1980年
価格を30円に変更

・1999年
丸いタブレット状に固めた「ベビースターラーメン丸」を発売。
これ以降、形を変えたものが発売されていきます。

・2007年
「ベビースターラーメン」1袋の内容量を35グラムから30グラムへ変更となります。

・2008年
「ベビースターラーメン」1袋の内容量を30グラムから23グラムへ変更となります。

他、倉嶋とディレクター小出との詳しいお話の内容は、ポッドキャストをお聴きください。

子どもたちの社交場「駄菓子屋」の不思議-その2-

私が子どもの頃は、ベビースターラーメンというと、スーパーでお母さんが買ってくるものというよりも、子どもたちが駄菓子屋で買うものというイメージが強いのですが、駄菓子とはどういったものをいうのでしょうか?

元々は、和菓子のような値段のお高い上菓子に対して、値段の安いお菓子のことを駄菓子と呼んでいたそうです。

また、駄菓子屋さんの歴史を調べてみると、wikipediaには「この業態の成立は古く、その発祥もはっきりしないが、明治・大正の時代から度々文学作品などにも登場している事から、日本が工業化を始めて以降に、次第に数を増やしたようだ。」と書かれています。
「その大半は個人経営であり、何らかの商売(タバコ屋や文具店・雑貨商・軽食堂など)のついでに営業していた店も多かった。」とあります。
たしかに、駄菓子専業のお店は珍しかったかもしれません。

他、倉嶋とディレクター小出との詳しいお話の内容は、ポッドキャストをお聴きください。

参考資料

駄菓子屋 – Wikipedia
https://blooming-days.njs.xyz/x8w5

ベビースターラーメン – Wikipedia
https://blooming-days.njs.xyz/cgwh

ベビースターラーメントリビア | おやつカンパニー(-^〇^-)/
https://www.oyatsu.co.jp/enjoy/trivia/

さて、今回は、8/2が「ベビースターラーメンの日」ということで、「子どもたちの社交場『駄菓子屋』の不思議」をテーマにお送りいたしテーマにお送りいたしました。

番組では、放送内容他、ポッドキャストのみ聴くことができる放送内容の予告、放送を振返る放送後記、そして、毎週月曜日に放送しているTOKYO854の放送内容など、ポッドキャストでお聴きいただけます。

皆さんのお好きな時間に、お好きな楽しみ方を、ぜひお試しいただければと思います。

見るラジオ

今回は、アルプスの美しい峠道をドライブしながらラジオを聴く、そんな気分になれるような動画を作ってみました。

使用している動画は、下記のものを使用させていただいています。

動画について

Die Dolomiten: 6 Alpenpässe in HD / The Dolomites: 6 Alpine passes in HD
Rainer Berger MX-5 Road Trips
https://www.youtube.com/watch?v=-j8YC71sv-k

Col du Galibier – Route des Grandes Alpes, France
Rainer Berger MX-5 Road Trips
https://www.youtube.com/watch?v=P3dlzgduIgU

Hahntennjoch: Österreich urigster Pass – morgens und bei Sonnenuntergang.
Rainer Berger MX-5 Road Trips
https://www.youtube.com/watch?v=fSCp8eVz-Zc

Insta360 ONE R 360: Furkapass Sustenpass Grimselpass
Rainer Berger MX-5 Road Trips
https://www.youtube.com/watch?v=00BeS-CrX9g

動画内で使用している楽曲は、次世代を担うミュージシャンたちのものです。気になる曲があったらリンク先サイトを覗いてみて下さい。

動画内音楽について

Lie in the Sun by ORKAS
https://artlist.io/song/62545/different-kind-of-love

Back to 95 by Michael Shynes
https://artlist.io/artist/341/michael-shynes

The Future Is Now by MARLOE.
https://artlist.io/song/13335/the-future-is-now

Podcast

放送をお聞きいただいた皆様、メッセージをいただきました皆様、本日もありがとうございました。

番組では、特設サイトのメッセージボード、または、KOCOラジの メッセージフォームにて、皆様からのメッセージ、ご感想をお待ちしております。

次回も、「Blooming Days PLUS-日々是好日-」で、皆様とお耳にかかれることを楽しみにしております。