Blooming Days,May’03 | 倉嶋桃子|85.4MHz FMひがしくるめ

Blooming Days - 日々是好日 -

Blooming Days,May’03

  • PODCAST

    ※アプリをインストールしてお聞きください。Spotify Freeはずっと無料のプランです。 期間限定でもなければ、登録にクレジットカードも必要ありません。 放送後記
  • facebook

  • Twitter

2021年5月3日(月)

みなさん、こんにちは。倉嶋桃子です。

少し前のニュースで、「隣の家の庭の池でカエルが繁殖し深夜まで鳴き声がうるさいとして、隣の住民に対し騒音の差し止めやカエルの駆除などを求める訴えを起こした」というものがありました。

訴えを起こされた住民は「池には6、7匹のアマガエルが生息しているが、オタマジャクシやカエルを外から持ち込んでいない。騒音には当たらない」と主張し争っていたようですが、東京地方裁判所は、「仮にうるさい音が発生していたとしてもカエルの鳴き声は自然音の1つだ。あえて大きな音をわざと発生させるなど特段の事情がないかぎり、騒音には当たらない」と指摘し、住民の訴えを退けたという結果でした。

私にとってカエルの声は、子どもの頃から暮らしの中の生活音の一つなので、人によって「騒音」というものの捉え方が違うものなんだということを改めて感じました。

ここで問題となったアマガエルですが、活動時期は4月から11月、冬の時期は温度差の少ない地中で冬眠します。
また、5月~6月になると田んぼや水辺に集まってきて水の中の水草などに産卵するそうです。

カエルはほとんどの種で鳴くのはオスのみで、カエルのオスが鳴く理由は、メスを呼び選んでもらうためとのことですが、トノサマガエルのメスは、自分の卵巣に卵がない場合(繁殖することができない場合)、オスからの無駄な求愛行動を回避するために鳴くことがあるそうです。また、カエルの中にはメス同士の縄張り争いのために鳴く種もいるとのこと。

私の実家の向かいには田んぼがあるので、田植えが終わるころから夏の時期はまさにカエルの大合唱の時期です。
BGMのように聞いていたカエルの鳴き声は、私とっては癒しの音であり、よく眠れる夜の効果音でもあるので、また久しぶりに聞きたいなぁと思います。

参考資料

隣の庭のカエルの鳴き声は騒音か? 「自然音」と訴え退ける判決
https://blooming-days.njs.xyz/i2sd

ニホンアマガエル(Wikipedia)
https://blooming-days.njs.xyz/4fhi

どうしてカエルは鳴くのか
https://biome.co.jp/biome_blog_073/

それでは、本日の放送内容です。

「Interest」in bloom-その1-

4/26に平将門公の首塚リニューアルが竣工したということで、今回は、都市伝説として今も語り継がれている日本三大怨霊の一つ平将門公の祟りについてお送りいたします。


「日本三大怨霊」とは

私たちの身の回りで起きる不吉な出来事は、時として偶然とは思えないようなタイミングで起こることがありますが、そのような時、よく「祟り」ですとか、「呪い」といった超自然的な存在として語られたりしますが、皆さんは信じる方でしょうか?

「そんなのは迷信」と思いつつ、どうしても説明できない、そんな奇妙な出来事に遭遇したことがある人も多いかもしれません。
日本では古くから、人に祟りや災いをもたらす悪霊は「怨霊」と呼ばれ恐れられてきましたが、その中には、大災害を引き起こすほど恐ろしい力を持って、現在でも伝説として語り継がれるものもあります。

そもそも、怨霊とは、祟りや災いをもたらす悪霊のことを言いますが、「強い恨みや憎しみを抱く人の魂が怨霊となって現れる」として、遥か昔から、世界の至る所で恐れられてきました。

怨霊の中には、この世に未練を残し凄惨な死を遂げた死者の魂である「死霊」だけでなく、思いが強すぎるために生きた人間の魂が「生霊」として存在する場合もあると言われています。
日本でも、古くから人々を恐怖に陥れてきた存在として語り継がれており、特に恨みや憎しみが強ければ強いほど恐ろしい悪霊へと変貌し、強力な祟りや災いをもたらすと信じられていました。ゆう

日本の怪談話に出てくる幽霊の類も、ただ脅かすだけのものもありますが、番町皿屋敷なんかの場合は、9枚まで数え終えるの聞くと死んでしまうとかそういう話もあります。

この、「怨霊のもたらす祟り」というのは、小さいものでは、憎しみや恨みの対象となった人や、周りの人々に対して、不幸な出来事が立て続けに起きたり、死に至らしめたりするというものだったりしますが、そのほか、国を揺るがす大災害や疫病も、強力な怨霊の祟りだと信じられていました。

これは神道の中の「御霊信仰(ごりょうしんこう)」に由来するものと言われています。

当時の人々は、怨霊を神(御霊:みたま)として祀り崇めることで祟りを鎮め、平穏と平和を取り戻そうとしました。
そのため、かつて怨霊として恐れられた存在が御祭神となっている神社が、現在でも数多く残っています。

数ある怨霊の中でも日本各地で様々な怪現象を起こしたという伝説が残っている怨霊として恐れられたのが、菅原道真、平将門、崇徳天皇の3人。

恐ろしい力を静めるため、彼らは神として祀られることとなりましたが、その力は現在でも不思議な現象を引き起こすと言われています。

やがて彼らは「日本三大怨霊」と呼ばれ、日本の歴史の中で伝説として語り継がれるようになり、日本三大怨霊は、物語や古典芸能の題材としても扱われ、その存在が多くの人々に知られてきたということです。

学問の神様として有名な菅原道真公は、その優秀さが嫉妬の対象となり濡れ衣を着せられて太宰府に左遷され、囚人同様の扱いで幽閉されて非業の死を遂げたと言われています。

また、崇徳天皇は、3歳という幼さで天皇として即位したものの、実権を握ることはほとんどなく、鳥羽上皇の計略によって10代のうちに強引に天皇を譲位させられることとなり、鳥羽上皇の死後、自分の不当な扱いに不満を募らせた崇徳上皇は、朝廷の実権を奪い返すため当時の天皇・後白河天皇に戦いを挑みますが、残念ながら敗れ、讃岐に島流しにあったという方です。

讃岐に幽閉された崇徳上皇は、仏教に深く傾倒し、5つの写本を仕上げ、京都の寺に納めて欲しいと朝廷に差し出したところ、「呪いが込められているのではないか」として送り返されたとのこと。
その屈辱以降、崇徳上皇は「妖怪に生まれ変わって無念を晴らす」として死ぬまで髪と爪を伸ばし、鬼のような形相へと変わったと言われています。
そして、最後まで京へ戻れずこの世を去ることになったそうです。

他、倉嶋とディレクター小出との詳しいお話の内容は、ポッドキャストをお聴きください。

「Interest」in bloom-その2-

平将門公が怨霊となるきっかけは、一体どのようなことだったのでしょうか?


平将門公の祟りにまつわるお話

相続争いが元で成り行きで朝敵となり、討ち取られた後、首だけ京都に持って行かれ、切り離された胴体と繋がろうとして首だけ飛んで行ったというお話が怨霊についての概略です。

戦いに敗れた将門の身体は、現在の茨城県坂東市(ばんどうし)の延命院に埋葬されましたが、首級(しゅきゅう:討ち取った敵の首))は平安京に運ばれ都大路(みやこおおじ)の河原にさらされました。
しかし、無念やるかたない首級は腐ることなく目を見開き、ブツブツと無念の思いを夜な夜な叫んだと云われています。

そして、3日目に首級は、切断された胴体を求めて夜空に舞いあがり、故郷の東国に向かって飛んでいき、数ヶ所に落ちたとされています。
その首級の落ちた最も著名な伝承地が、千代田区大手町にある「将門の首塚」です。

将門公の怨念は後世まで続き、関東大震災で首塚が崩れたのを期に学術調査が行われましたが、石室はあったものの、一度盗掘されており、最終的に将門公の墓であることを証明するものは出てこなかったため、取り崩されて大蔵省の仮庁舎が建てられました。

しかしその後、大蔵大臣の早速整爾(はやみ せいじ)が病死したのを皮切りに、幹部クラスも含めて14名が2年以内に死去。
政務次官・事務次官以下多数の者が足を負傷するなど不吉なことが絶えず、「首塚を荒らしたからに違いない」という噂が広がり、昭和2年に仮庁舎を取り壊して、首塚を復元して、盛大な供養をおこなったそうです。

しかし、供養が足りなかったからなのか、昭和15年6月には、大蔵省庁舎が落雷によって全焼。
この年は将門没後千年目に当たり、またもや祟りの噂が流れ、大蔵省によって祭祀が執り行われました。

そして、それから20年後、大蔵省敷地はGHQが接収し、首塚は一時整地され駐車場となりましたが、将門公の逆鱗に触れたのか、今度は整地時にブルドーザーが横転事故を起こして運転手が死亡。

またもや将門公の怨霊説が流れ、土地関係者が「昔の大酋長の墓」であるとして陳情して、塚は保存されることとなりました。

更に昭和の高度成長時代、首塚の一部が売却され、その地に建った日本長期信用銀行の首塚に面した行員が、次々に病気になる事態が発生。
その長銀も、バブル崩壊後の不況で経営破綻しています。

これ以外にも将門公の祟りは数えきれないほどあるとされ、現在でも隣接するビルは首塚に尻を向けないようにフロアレイアウトされていたり、首塚を見下ろすようなことのないように窓は設けないなどの配慮がされていると云ったことが実しやかに囁かれており、1000年以上経過した現代でも、その怨念を信じているようです。

他、倉嶋とディレクター小出との詳しいお話の内容は、ポッドキャストをお聴きください。

「Interest」in bloom-その3-

今回、平将門公の祟りについて番組で取り上げるということで、私たちだけでなく、FMひがしくるめや局の関係者、ひいては聞いてくださっているリスナーさんに迷惑をかけてはいけないと言うことで、昨日の日曜日、将門公が祀られている九段下にある築土神社(つくどじんじゃ)にご挨拶に行ってきました。


将門公を祀る「神田明神」「築土神社」のお話

将門公が供養された神社として神田明神が有名ですが、調べてみると、これも色々と曰くがありました。
元々こちらは、14世紀初頭、平将門の祟りと云われた疫病が流行した際に、首塚の近くにあった神田明神が、将門公の霊を供養し疫病が沈静化したことから、1309年に平将門を祀ることになったということですが、その後、明治7年に明治天皇が行幸する際、天皇が参拝する神社に逆臣の将門公が祀られているのはあるまじきこととして祭神から外されたとのこと。

その代わりに少彦名命(恵比寿神)が祀られ、将門神は境内摂社への左遷となったんですが、昭和になると将門公を祭神に復帰させる嘆願が起き、NHK大河ドラマ「風と雲と虹と」が放映される頃にはその機運が高まり、昭和59年にめでたく本社復帰が叶ったということです。
まさに摂社(支社)から本社への栄転と云う経緯から、現在では出世のご利益があるとビジネスマンの参拝が多いそうです。

ちなみにリニューアルされる前の首塚には、大小さまざまなカエルの置物が置いてありました。
何度もこの場所に「帰る」将門の首と「カエル」をかけており、左遷になった会社員が、元の会社に無事に戻ってこられるようにとお参りに来る方も多かったそうです。

神田明神にご参拝の際には、将門公ゆかりの『首塚』『築土神社』も参拝される方も多いかと思いますが、かつて、将門公の乱鎮圧の際に、朝廷から怨敵退治の祈祷を命じた諸社諸寺の中に成田山新勝寺がありました。

成田山は、特にこの祈祷を開山起源としていることから、将門とその家来の子孫、そして神田明神や築土神社の氏子などは、成田山に参拝すると将門の加護が受けられないという伝承から参詣しない人が多いようです。
例年NHK大河ドラマの出演者は、成田山の節分豆まきに参加するのですが、将門が主人公のNHK大河ドラマ『風と雲と虹と』の出演者は豆まきの参加を辞退したそうです。

将門公所縁の地の参拝される方は、成田山の参拝はなさらない方が良いかもしれませんね。

他、倉嶋とディレクター小出との詳しいお話の内容は、ポッドキャストをお聴きください。

参考資料

史上最恐!【日本三大怨霊】にまつわる悲しい歴史とは?ゆかりの場所も紹介|THE GATE

https://thegate12.com/jp/article/351

将門塚 – Wikipedia

https://blooming-days.njs.xyz/e32g

日本三大怨霊!平将門の祟りが怖すぎる千代田区「将門の首塚」 | LINEトラベルjp 旅行ガイド

https://www.travel.co.jp/guide/article/9868/

平将門の祟りは存在する?!都心最恐のパワースポット「将門塚」 | icotto(イコット)

https://icotto.jp/presses/3214

番外編

今回、番組で「平将門公の祟りにまつわるお話」を取り上げるということで、「築土神社(つくどじんじゃ)」へご挨拶へ伺った際の様子をご紹介致します。


「築土神社(つくどじんじゃ)」へご挨拶へ

今回、電車を使って行ったのですが、最寄り駅として利用したのは東京メトロ地下鉄東西線の九段下駅。
出口3aから地上へ出て左側へ進むと、すぐに坂道へ見え、坂のスタート地点には、築土神社の案内が立っています。

このビルは、1994年(平成6年)5月、社殿老朽化に伴い社殿・社務所の大改築が行われ、地上8階(地下1階)建てのビルが完成(千代田区都市景観賞受賞)。コンクリート壁の現代的な神社となったそうです。

ちなみに、ビルの名前は「アイレックスビル」。
アイレックスという名前は、モチの木を意味し、築土神社が九段坂からモチの木坂に至る田安の地に鎮座していたことにちなんでこの名が付けられたとのこと。
参道入口にはビルのシンボルとして、左脇に「モチの木」が植えられているそうです。

この「モチの木」、常葉樹で一年を通して緑色に輝き、葉が落ちないことから、縁起が良いとされている為、商売繁盛や身心健康を願う人々に親しまれているということです。

近代的なビルの一角入口には、比較的大きめの狛犬がいて出迎えてくれます。

そのまま入口を奥に進んで行くと…、

再び狛犬がお出迎え。しっかりマスクをしています。
社殿前に置かれたこちらの狛犬は、1780年(安永9年)元飯田町の氏子より奉納されものということで、一方の頭上には「角」、もう一方には「宝珠」が付けられています。

また、こちらの狛犬は、現在千代田区内に現存する狛犬の中では最も古いものであり、平成8年に千代田区有形文化財に指定されているそうです。

正面には、拝殿。

築土神社の「相殿神(あいどののかみ)」として将門公が祀られているということで、近代的な神社でありながら、とても重厚な趣ある社殿のように感じます。

しっかりお参りをした後、

社殿向かって右側から奥へむかって道が続いており、奥には「世継稲荷神社」があります。

こちらの神社は、1590年(天正18年)、徳川家康が江戸城に入城する時、家康の息子で後に二代将軍となる徳川秀忠が築土神社を訪れた際、橙(ダイダイ)の木があるのを見て「代々、子孫が栄える神社」と讃えて、「世継稲荷神社」と呼ばれるようになったという伝説が残っているそうです。
なお、社殿左脇には今も神木として橙(ダイダイ)の木が植えられています。

1954年(昭和29年)に築土神社が遷座するに伴い、戦災より消失していた世継稲荷社殿を再建。
その後、1994年(平成6年)5月築土神社社殿の老朽化に伴う改築の一環として世継稲荷社殿も改築されました。

放送前に、ご挨拶へ行けたことで、気分もすっきりまた新たな気持ちでスタートです。
あらゆる勝負事にご利益がある他、御祭神のパワーが得られるとのことですので、放送を聞いた後、ぜひ機会を作ってご参拝してみて下さい。

参考資料

築土神社
http://www.tsukudo.jp/annai.html

御神体は首桶!?史上名高い怨霊が祀られる九段下・築土神社
https://www.travel.co.jp/guide/article/27559/

メッセージをお寄せいただいた皆さん、ラジオをお聴き頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

番組では、ポッドキャストによる配信をおこなっています。5/3分については、放送終了後に更新いたします。

また、番組では皆様からのメッセージをお待ちしております。「試してみたよ」「作ってみたよ」といった番組で取り上げた内容のご感想、みなさんが感じる幸せのひとときなど、ぜひお聞かせくださいませ。

なお、番組の構成上、時間の都合でリクエスト曲にはお応えできない可能性がございます。ご容赦くださいませ。

それでは、また来週、月曜日15:00にお耳にかかりましょう。

お相手は、倉嶋桃子でした。

見るラジオ

今回は、1992年ユネスコの世界遺産に登録された、チェコ共和国南部に位置する「チェスキー・クルムロフ」地区を歩きながらラジオ番組を聴く、そんな気分になれるような動画を作ってみました。

今回使用している動画は、下記のものを使用させていただいています。

動画について

Walking in CESKY KRUMLOV / Czech Republic 🇨🇿- 4K 60fps (UHD) – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=buBU7NrfyGM

動画内で使用している楽曲は、次世代を担うミュージシャンたちのものです。気になる曲があったらリンク先サイトを覗いてみて下さい。

動画内音楽について

Joy Ride by Aves
https://artlist.io/song/60885/joy-ride

How Does She Know? by Steven Beddall
https://artlist.io/song/61075/how-does-she-know?

Birmingham by Mark Grundhoefer
https://artlist.io/song/61296/birmingham

Wendy Peffercorn by OK Otter
https://artlist.io/song/61355/wendy-peffercorn

Super Music Wide