Blooming Days PLUS, December’22|倉嶋桃子|79.1MHz KOCOラジ

Blooming Days - 日々是好日 -

Blooming Days+, December’22

  • PODCAST

    ※アプリをインストールしてお聞きください。Spotify Freeはずっと無料のプランです。 期間限定でもなければ、登録にクレジットカードも必要ありません。 放送後記
  • facebook

  • Twitter

2020年12月22日(火)

みなさん、こんにちは。倉嶋桃子です。

先日、日本海側を中心に寒波がきて、福島県内でも地域よっては、雪が積もったニュースが流れていました。

皆さんの地域では、どの程度の雪の量でしたでしょうか?

一層寒さや乾燥が進んでくると、体調的には嫌だなぁと思う方も増えてくるかと思いますが、寒くなって乾燥が進むからこそ美味しくなるものもあります。

例えば、私の実家がある地域では、「凍み豆腐(しみどうふ)」を作っているところがあり、薄切りにされたお豆腐が藁で編まれ、軒先にきれいに並べられいる光景が思い出されます。

この凍み豆腐、地域によっては呼び方が違うようです。

例えば、高野山の精進料理の一つとして広まったとされている「高野豆腐」など。

私の実家の地域含めて東北地方は、「凍み豆腐」と呼ばれているのが一般的だそうです。

凍み豆腐は、豆腐を凍結・乾燥させた栄養価に優れた保存食で、地域によってはおせち料理の煮しめにも入っていることがあります。

その起源は戦国時代ともいわれ、古くから庶民の間で親しまれてきました。

作り方は、豆腐を薄く切ってから凍らせるのですが、その方法としては厳冬期に戸外に出す天然凍結方法と冷凍庫に入れる機械凍結という方法があります。

ところが、現在は、天然凍結で作られた凍み豆腐がどんどん減少しているそうです。

理由は、屋外の気温の問題です。

天然凍結の凍み豆腐は、屋外の温度が-3℃以下にならないとできないのですが、昔は12月になると産地では-3℃以下に下がり、だいたい3月一杯まで製造できていました。
ところが10年ぐらい前から、1月に入らないと気温が下がりきらず、しかも気温が上がるのも早くなり、2月半ばぐらいまでしか作ることができなくなってきているからだそうです。

地元にいた頃は、作っている方から、お裾分けでいただいて食べたりしていて、身近な食材だったのですが、今は天然凍結のものは高級食材となり、デパートの乾物売り場に陳列されているようなものになっています。

貴重な天然凍結のもの以外では、機械凍結のものもありますので、作り方で味の違いがわかるのかどうか、食べ比べてみるというのはいかがでしょうか?。

さて、本日KOCOラジでは、「オランダ冬至を祝ってみよう!」をテーマにお届けいたしました。

江戸幕府の禁教令によってキリスト教が禁止されたため、幕府に配慮しつつ、オランダの冬至の祭りという方便で「オランダ冬至」という名前でクリスマスを祝っていた当時のオランダ人の気持ちになってみようと、カタカナ語や横文字を一切禁止して、日本語だけというルールでクリスマスにまつわるお話をお送りしましたが、いかがでしたでしょうか?

普段何気なく使っている日本語が、欧米の言葉をうまく取り入れながら成り立っているものだと改めて感じる時間となったように思います。

皆さんも、機会がありましたら一度挑戦してみると、日本語の新しい発見になるかもしれません。

番組では、放送内容他、ポッドキャストのみ聴くことができる放送内容の予告、放送を振返る放送後記、そして、毎週月曜日に放送しているFMひがしくるめの放送内容など、ポッドキャスト配信をしています。

皆さんのお好きな時間に、お好きな楽しみ方を、ぜひお試しいただければと思います。

放送をお聞きいただいた皆様、メッセージをいただきました皆様、本日もありがとうございました。

番組では、特設サイトのメッセージボード、または、KOCOラジの メッセージフォームにて、皆様からのメッセージ、ご感想をお待ちしております。

次回も、「Blooming Days PLUS-日々是好日-」で、皆様とお耳にかかれることを楽しみにしております。