Blooming Days - 日々是好日 -

Blooming Days, September’07 

  • PODCAST

    ※アプリをインストールしてお聞きください。Spotify Freeはずっと無料のプランです。 期間限定でもなければ、登録にクレジットカードも必要ありません。 放送後記
  • facebook

  • Twitter

2020年9月7日(月)

みなさん、こんにちは。倉嶋桃子です。

先日は台風のニュースで、台風の規模や進路など気になるお天気が続いていましたが、皆様の地域の被害などはいかがでしたでしょうか?

台風から離れている地域であっても、台風が過ぎ去った後、台風が持ち込む熱帯由来の湿った空気の影響で、大気が不安定となり雨や風、また竜巻が発生する可能性があったり、気温が急激に上がるなど、引き続き天気予報を注意深く見ていく必要があります。

皆さんも、限られた地域のことだからと思わず、関心をもってニュースをみていきましょう。

さて、このように気候が変わりながら、季節が変わり深まっていく時期ですが、スーパーでは様々なパッケージの新製品が並び始めています。

今年は、社会環境が不安定になってこともあって、ロングセラー商品が一部デザインを一新して再登場のパターンや、復刻版パッケージなど、デザインの嗜好も、やさしいものや安心なものに戻る傾向があるとか…。

まだまだお家で過ごす時間も多くあるかと思いますが、ロングセラー商品をお家でゆっくり味わいながら、気分転換も上手にしていきたいものです。

それでは、本日の放送内容です。

「Interest」in bloom

長梅雨の影響でしょうか、今年は各地でクマの被害が多発しています。

この1週間だけでも、北海道をはじめ、長野県、秋田県、岩手県、青森県、富山県など、クマの出没が後を絶ちません。

目撃情報は、例年を上回るペースで報告され、畑の農作物を始め、子牛や飼料などの畜産被害、民家への侵入、登山道やキャンプ場では、人が襲われるケースも相次いでいます。

今日の「Interest」in bloomは、「もし、クマに遭ったらどうする?野生動物に出逢った時の対処方法」についてご紹介致します。


クマに出逢った時の対処方法

本来クマは人を避け、森の奥深くに生息しています。

一般に知られているよりも、臆病でおとなしい性質なので、脅かしたり、突然出会ったりさえしなければ、クマの方から逃げることが多いようです。

記録的な長雨や日照不足の影響で、山中の餌が育たなかったことが、人里に降りてくる原因とみられています。

クマによる人身被害を防止するためには、まずクマと出会わない、クマを引き寄せない方法を心掛けることが、最も重要とされています。

しかし、最近では、人を恐れない里グマの出没や、木の実が不作の年には、里に降りてきたクマに、人が襲われるケースが激増しています

これからの行楽シーズンに山に入る方も多いと思いますが、クマとのトラブルを防ぐために、決して「自分だけは大丈夫」とは考えず、以下のことを心がけてください。

1.一人ではなく複数で行動する

2.クマの行動が活発になる早朝や、夕方の薄暗い時間帯は山に入らない

3.「クマ避け鈴」や「笛」、「爆竹」など音で自分の存在をアピールする/p>

4.水流の激しい沢や、風雨の強い日は、物音が聞こえずバッタリ出会う可能性があるので特に注意する

5.クマの足跡や食べ跡などの痕跡を見つけたら、近くにクマがいる可能性があるのですぐ引き返す

6.残飯や生ゴミは絶対に捨てない

7.万が一のことを想定して、鉈(なた)や山刀(やまがたな)、クマ撃退スプレーを携帯する

しかし、クマと遭遇する確率が高くなっている現状を考えると、クマに会わないための対策だけでは十分とは言えません。

もし、クマと遭遇してしまった場合、慌てず、騒がずに、落ち着いて、クマとの距離に応じて状況を判断してください。

万が一、クマに襲われた場合、無事に生還するためには、それなりの覚悟を持った対処が必要です。

1.遠くにクマを見つけた場合、静かにその場を立ち去ること。クマがこちらに気づいても、静かにしていればほとんどの場合クマは立ち去ります。

2.クマがこちらに近づいてきても絶対に走って逃げないこと。クマの走る速度は、時速40km以上。逃げる者を追う習性があります。背を向けたり、走って逃げるのは自殺行為です。

3.熊が吠えるなど威嚇しても動じず、もし、クマがにじり寄ってきたら、風向きに注意してクマ撃退スプレーを目や鼻をめがけて噴射します。それでもまだクマが近づいてくる場合、自分目当てと決断して、大声で威嚇し、鉈や山刀での反撃を決心してください。

4.襲い掛かってきたら、熊のどこでもいいので、鉈で叩きつけます。反撃以外に熊を撃退し生還する術はないことを、肝に銘ずる必要があります。

5.最後の最後、もうダメだと思ったら、地面にうつぶせになって腹部を守り、両手で首と顔面をカバーし、背中は背負っているザックでカバーしてください。一命を取り留めることのできる可能性が高い方法です。

さて、ここまで、クマに遭遇した場合の対処方法についてご紹介いたしました。

1曲お届けした後、後半はイノシシや、その他の野生動物と遭遇した場合の対処方法についてお話し続けます。

野生動物と遭遇した場合の対処方法

前半は、クマに出逢った時の対処方法についてご紹介いたしました。

ご紹介した方法で100%撃退できる保証はありませんが、知っているに越したことはありません。

自然の中では危険は突然やってきます。

その時の判断で生死を分ける事態になりかねません。

ここからは、いつかあなたを救うことになるかもしれない、万が一野生動物と遭遇した場合の対処方法についてお話続けます。

クマ同様、人里に降りてくるイノシシ。

イノシシは本来、臆病でおとなしい性質を持っています。

普通、イノシシが人に出会っても、イノシシの方から逃げるのであわてる必要はありませんが、興奮していたり、晩秋から冬にかけての発情期や分娩後で攻撃的になっていたり、至近距離で突然出会った場合には注意が必要です。

イノシシは70kg程の体重がある上に、時速45kmで走れます。

大人でも突進を受けたらひとたまりもありません。

まず、イノシシと出会ったら、大声を出したり、犬をけしかけたり、物を投げたり、棒で追い立てたりせずに、静かにその場を離れます。

イノシシが興奮すると、牙を鳴らして音を出す、毛を逆立てる、地面をひっかく等の動作をします。

決して背中を見せて走って逃げてはいけません。背中を見せて走ると、イノシシは本能的に追いかける習性があるので、とても危険です。

イノシシの目を見ながらそっと後ずさりで距離をとりましょう。もし、食べ物を持っていたら、食べ物を手放すようにしましょう。
イノシシが食べ物に気を取られている間に、逃げられるかもしれません。

続いてはサル。

日本に生息する野生動物の中でも身近な存在の日本猿。

山に入らなければ遭遇する確率が低いクマと違い、サルは町中でも家の中でも都会の繁華街でも出没します。

サルの知能は3-5才児程度と言われていますが、悪賢さはそれ以上で、人を襲うときは男より女、大人より老人、老人より子供を襲います。

サルは、上下関係を強く意識しているため、自分より強いと思える相手を襲うことはめったにありません。

慌てたり、叫んだり、後退りすると、サルは自分よりも弱い相手だと認識して襲ってきます。ひるむことなく堂々としていることが大切です。

サルと目を合わせることは、喧嘩の合図になります。また、サルと目があった場合、サルは口を開けて威嚇します。

その時に目をそらして後ずさりでもしようものならサルは襲ってきます。

目をそらさないでじっと見つめ、サル同様、こちらも口を開けて威嚇し、絶対に動いてはいけません。

サルが目をそらした後、こちらも目をそらしてその場から離れるのが正しい対処方法です。

本気で戦ったら間違いなく猿の方が強いです。

この対処法を面白半分で試されますと、襲われる可能性もあります。

あくまでも緊急時の対処方法だと思ってください。

さて、今日の「Interest」in bloomは、「もし、クマに遭ったらどうする?野生動物に出逢った時の対処方法」ご紹介致しました。

今日ご紹介したクマもイノシシもサルも、雑食とは言え人を食べようとは思っていません。
自分の命を守るために襲ってくるだけです。

自分自身を守るためにも、彼らの存在を/常に気にかけながら、慎重に行動しましょう。

参考資料

「もし、熊に遭ったら、どうする!本当の熊対策」
http://www.yasei.com/kumataisaku.html

イノシシの生態や危険性、突進してきたらどうすればいい?
https://tinyurl.com/y4abu4lw

野生のサルに襲われそうになった時の対処法
https://tinyurl.com/y3srmzsz

「Food」in bloom

昨日9/6は、「黒豆」の日だったそうです。

9と6を黒と読む語呂合わせから、黒豆製品を扱う菊池食品工業が、黒豆をPRするために制定しました。

黒豆は、ダイズの品種のひとつ。黒大豆、ぶどう豆とも呼ばれています。

おせち料理に欠かせない黒豆ですが、最近はパンやアイス、お菓子にドリンクと黒豆を使った食品が続々と登場して、またブームが来ているようです。

今日のFood in bloomでは、私の大好きな、この黒豆についてお送り致します。


黒豆の豆知識

古来より中国では薬として利用されていた黒豆。

日本では平安時代の書物延喜式(えんぎしき)に『黒豆』が登場していることから、すくなくともそれ以前の時代ごろから栽培されていたと考えられています。

日本で黒大豆が健康食として普及したのは江戸時代の頃。

1800年代に黒煮豆が正月のお節に欠かせない料理となりました。

黒豆は伝統的にはそのまま煮豆にして食べるのが一般的で、関西風(浪速風)はふっくらとなるように煮て、関東風(江戸風)はしわができるように煮ます。

室町時代に、こんにゃくと炊き合わせた「座禅豆(ざぜんまめ)」と呼ばれていたものが起源と言われていて、江戸時代後期には黒豆を醤油や砂糖で煮た煮豆をお節料理として食べることが一般に広がりました。

お節料理に黒豆を食べるようになった理由は、昔から「黒い色は邪気を払い災いを防ぐ」、「黒い色は健康を意味し、マメに達者で皺(しわ)のよる迄、長生きを」と祈って、食べるようになったと言われています。

ただ、この「マメに達者で皺のよる迄長生きを」という縁起の謂れですが、家庭料理の研究家土井勝さん(土井善晴さんのお父様にあたりますが)が15年がかりで編み出したシワの寄らない黒豆の煮方によって、現在では「マメに達者で、いつまでも若々しく」と変わってきているようです。

大豆の1種類である黒豆の中でも日本国内には、丹波黒(たんばぐろ)、光黒(ひかりぐろ)、雁喰(がんくい)、玉大黒(たまだいこく)など様々な品種の黒大豆があります。

黒豆は基本的には大豆と栄養素は変わりませんので良質の植物性タンパク質とイソフラボンやアントシアニンといった成分が豊富に含まれていて、食物繊維も多く含まれています。

イソフラボンは高血圧や生活習慣病を防いでくれますし、アントシアニンはポリフェノールの一種で活性酸素を除去し、血液をサラサラにする効果があります。

十五代将軍・徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)は、実父の水戸藩主・徳川斉昭(とくがわ なりあき)の教えで1日に黒豆を100粒食べるのを日課としていたといいます。

彼は多くの側室に21人もの子どもをもうけ、平均寿命が50歳前後の時代にあって、実に現代の男性の平均年齢に近い77歳まで長寿を満喫しました。

また、黒豆には脳の記憶物質の原料となるレシチンがたっぷり入っているため、「記憶の明確なこと驚くばかり」と『徳川慶喜公伝(とくがわよしのぶこうでん)』にも書かれています。

1曲お届けした後、後半も黒豆についてお話し続けます。

黒豆を使った海外のお料理について

前半は、黒豆の歴史や種類、黒豆に含まれる豊富な栄養についてご紹介しました。

日本では、おせち料理に使われることが多い黒豆。

調べてみると、海外でも黒豆を使ったお料理がいくつもあるようです。

ここからは、黒豆を使った海外のお料理をご紹介いたします。

まず最初にご紹介するのは、ブラジルのフェイジョアーダ。

黒豆とお肉を煮込んだブラジルの代表的な料理です。

ブラジルでは、食堂から高級レストランまでさまざまな場所で食べることができるブラジル国民にもっとも親しまれている料理のひとつといえます。

フェイジョアーダはブラジルのほか、ポルトガル、アンゴラ、サントメ・プリンシペ、東ティモールなどで食べられています。

ブラジルのフェイジョアーダは、黒豆、豚の脂身、豚や牛の干し肉または燻製肉、リングイッサという生ソーセージ、豚の耳や鼻、足、尾、皮などをニンニクと岩塩でじっくり煮込んで作られます。

バターライスやパン、千切りにして炒めたケール、バターやベーコンで炒めたキャッサバなどと一緒に提供されるのが一般的です。

フェイジョアーダは見た目が黒っぽいので抵抗を感じる方も多くいらっしゃるかもしれませんが、実際に食べてみると、ごはんにとっても相性がよく日本人の口にも合う料理です。

黒い見た目によらず意外とクリーミーでまろやかな味わいのフェイジョアーダは、こってりしていて食べ応えも満点。
脂身も多く塩気も強いので、ごはんが進みます。

少量だけでも満足できるひと品です。

甘みはほとんどなく、塩コショウとガーリックというシンプルな味付けです。

独特な香りや風味もないので案外クセの少ない料理といえるでしょう。

次にご紹介するのは、本場キューバのソウルフード。フリホーレス・ネグロス。

キューバ風黒豆のシチューです。

黒豆とみじん切りにしたタマネギ、パプリカ、ニンニクを煮込み、塩コショウとクミン、オレガノ、ローレルで味付けをしたキューバの家庭料理です。

キューバ料理の味付けの基本は塩コショウとこの3つのスパイス。

家庭によって他の調味料を足すこともありますが、クミン、オレガノ、ローレルは欠かせないとのこと。

見た目はお汁粉のようですが、さすがキューバ料理だけあって、にんにくでパンチの利いた仕上がりになっています。

キューバの人たちは、フリホーレス・ネグロスをごはんにかけ、混ぜて食べます。

素材が黒豆、見た目もお汁粉のようなので、塩辛いぜんざいを食べている感覚になるかもしれません。

今日ご紹介したブラジルのフェイジョアーダとキューバのフリホーレス・ネグロス。

どちらも機会があったら食べてみてください。

参考資料

黒豆について|丹波篠山 小田垣商店
https://odagaki.co.jp/mm/index.html

黒大豆の基礎知識
http://www.kurodaizu-lab.jp/hinsyu.php

「フェイジョアーダ」を徹底解説!これであなたもブラジル通♪
https://macaro-ni.jp/52305

キューバの豆料理から見えてきた、社会主義国の食卓事情
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/15/352321/022500045/?P=1

Frijoles Negros
http://fishtripcafe.com/jp/?p=4627

今日もお聴きいただきありがとうございました。

番組では、ポッドキャストによる配信をおこなっています。9/7分については、放送終了後に更新いたします。

また、番組では皆様からのメッセージをお待ちしております。「試してみたよ」「作ってみたよ」といった番組で取り上げた内容のご感想、みなさんが感じる幸せのひとときなど、ぜひお聞かせくださいませ。

それから、番組の構成上、時間の都合でリクエスト曲にはお応えできない可能性がございます。ご容赦くださいませ。

それでは、また来週、月曜日15:00にお耳にかかりましょう。

お相手は、倉嶋桃子でした。